久々にタックルを戦法に取り味わった歓喜

少し両親の体調が気になっていて気分的にも釣行狙う風向きになれなかったコチラ数カ月距離。久しぶりに本心もウエザーも晴れたという事もあり、土曜の時間を利用しいつもの釣り場へという車を走らせたのでした。
この間このポイントを訪れたのはまだまだ初冬になったばかりの12ひと月上旬ところの事項。その時は周囲の草木も枯れ果てすこぶる殺風景だった雑貨。それが此度訪れてみるといまやその場は新緑という草いきれに包まれ、命霊感に満ち溢れた雑貨となっていた事に時間の移り変わりを深く感じます。
タックルをセットし水流や濁り、ベイトたる小魚の種類や動きを大方チェックすると、ファーストキャストはわざわざ舵取りシカトで、これまでの外圧を払しょくすべく河口の対岸にたくましく行いました。
数カ月ぶりに海中を泳いで来るルアーのブルブルとした想いを食らうだけでもユニークで嬉しい雑貨。結局この日は完全に周辺が暗くなるまでキャストを続け、終了間際に50センチちょっとの痩せたフッコを1匹仕留めるだけという釣果に終わりました。
でも久々にタックルをコントロールした想いという魚を掛けた想いがいつまでも手ごまに残り、十分な評価に包まれパートを後にする事が出来たのです。
やっぱり気分的に落ち込んでいる時は釣りに限ります。良い好みを持てて良かったという内ですね。

堺 脱毛